• ご予約はこちら
  • ご予約はこちら
  • 特定医療法人財団 博愛会
  • 特定医療法人財団 博愛会
  • 人間ドックセンター ウェルネス
  • 人間ドックセンター ウェルネス

乳がんについて

ABOUT BREAST CANCER

増え続ける乳がん

12人に1人がかかる乳がん~日本の乳がん事情~

生涯に乳がんを患う日本人女性は、現在、12人に1人[※1]と言われています。また、乳がんで亡くなる女性は、2013年に1万3000人を超え、1980年と比べて約3倍にもなっています。厚生労働省が発表した「人口動態統計 [※2] 」では、2015年の乳がんによる死亡数(女性)は13,584人[確定数]で、残念ながら増加しました。

※1:国立がん研究センターがん対策情報センター 「がん情報サービス」より
※2:厚生労働省人口動態統計[確定数]より_2016年9月8日発表新しいウィンドウが開きます

乳がんの発生と症状

乳がんは、乳房にある乳腺に発生する悪性腫瘍です

乳がんの症状はさまざま
乳がんは乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。症状は、しこり、痛み、血液が混じったような分泌物が出る、乳首のただれ、皮膚のくぼみ、赤く腫れたりオレンジの皮のように毛穴が目立つ、脇の下のしこり、など実にさまざまです。

初期には全身の症状がないため、放置されやすい

細胞ががん化して、がん細胞となり、増え始めるとしこりになります。しかし、乳がんの初期には食欲が減ったり、体調が悪くなるなどの全身症状はほとんどありません。唯一の乳房の変化に気付かずに放置しておくと、乳腺の外にまでがん細胞が増殖し、血管やリンパ管を通って全身へと拡がっていきます。乳房のわずかな変化を見逃さないことが大切です。

がんになりやすい年齢

30歳代になったら要注意!

ここ30年の乳がんの急激な増加は、食生活やライフスタイルの変化がエストロゲン(女性ホルモン)の分泌に影響しているためとみられています。乳がんは女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップになっているにもかかわらず、無関心な人が多いのも現状です。
「閉経後は大丈夫」「50歳過ぎたら乳がんにならない」ということもありません。

こんな症状に要注意!

異常を見つけたら、迷わず専門医に相談を

乳がんを発見するきっかけとなる症状の90%以上は「しこり」です。痛みは原則としてありませんが、乳腺症を合併した場合や特殊なタイプの乳がん(炎症性乳がん)などでは痛みを伴うことがあります。このほか、乳房にひきつれやくぼみができたり、乳頭から分泌物が出たり、ただれや変形が起こることもあります。

注意すべき症状
・乳房にしこりがある
・乳房にひきつれ、くぼみがある
・乳頭から分泌物が出る
・乳頭が陥没したり、ただれや変形がある
・わきの下にグリグリがある

乳がんの危険因子

乳がんになりやすいタイプ

乳がんの直接的な原因については、まだはっきりしたことは分っていません。しかし、統計的な調査によって、乳がんの危険因子が次第に明らかになっています。乳がんと関係すると考えられる主な危険因子は次のようなものがあります。

乳がんの危険因子
・年齢(40歳以上)
・未婚の人(出産をしていない人)
・高齢初産の人
・初潮が早く、閉経が遅い人
・肥満の人(閉経後)
・血縁者に乳がんになった人がいる
・良性の乳腺疾患になったことがある
・乳がんになったことがある

※閉経後ホルモン補充療法・経口避妊薬使用の経験がある
(欧米では危険因子とされていますが、日本人でははっきりしていません)

乳がんは早期に発見すれば怖くない

早期なら約90%が治癒します

残念ながら、現在乳がんの予防法はありません。しかし早期発見であれば、約90%の人が治癒します。決して怖い病気ではありません。早期発見のために、セルフチェックや検診が大切なのです。

乳がん検診の種類

乳がん早期乳がんの発見に威力を発揮する「マンモグラフィ」


マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のことをいいます。マンモグラフィは触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法で、乳がんの早期発見に欠かす事の出来ないものです。
ただし、マンモグラフィは、乳腺が密な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、しこりを見つけるのが難しいことがあります。また、X線撮影のため、妊娠している人には適しません。

マンモグラフィだけでは発見が難しい場合もあります

約10~15%の乳がんがマンモグラフィだけでは見落とされる恐れがあります

マンモグラフィは、手には触れないような非常に早期の乳がんの唯一のサインである石灰化をピックアップできるため、まったく症状のない方たちを対象とする検診の方法として、大変優れています。しかし、若年の方、授乳中の方、手術後の方、非常に乳腺の濃度が濃く不均一である方などの場合は、マンモグラフィだけでは、異常を写し出すことが難しい場合があります。質の良い撮影を診断が行なわれても、約10~15%の乳がんがマンモグラフィのみでは見落としとされる恐れがあります。

若い人の診断に役立つ「超音波検査」

調音超音波検査(エコー検査)は、乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病巣を診断するものです。マンモグラフィに比べて石灰化の診断が困難ですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人の診断に使うことができるともいえます。また放射線を使わないので、妊娠している人にも安心です。しかし、まだ検診に有効であるとする根拠がないため、国の指針には入っていません。

  • ご予約はこちら
  • ご予約はこちら
  • 特定医療法人財団 博愛会
  • 特定医療法人財団 博愛会
  • 人間ドックセンター ウェルネス
  • 人間ドックセンター ウェルネス
  • ウェルネス天神
  • ウェルネス天神デュアル
  • ハイジア
  • セレナーデ